MSR:プラズマ処理、超スリット加工、熱ラミネート

未来素材のお手伝い
高機能が要求される程に、コーティングや貼り合わせが複雑化します。なかでも品質不良のランキングで最も高いのが「剥がれ」と言われる現象で、素材表面のエネルギーが影響します。材料表面をプラズマ処理する。分子レベルで、しかも一切添加材を使わず素材の持つ密着特性を引きあげる。永久性、耐候性に強い魔法の密着処理です。
 
 
メディカルではフッ素粉体の需要が高まり、プラスチックではカーボンナノチューブを添加剤としたベースポリマーとの融合など未来新素材の研究開発が益々進み、限定されない素材改質の要求度は高まりつつあります。MSRのプラズマを駆使した粉体、粉末の表面改質で水溶化、分散化、表面コートが可能に。未来素材のお手伝い、ヒントはここにある。 
 
Tダイ押出フィルム製膜
 
 
  
 
Tダイ押出フィルム製膜成形の試作から量産までお手伝いしています。幅は100mm、400mm、700mm3種類の金型を用意していますので目的に応じたフィルム作成に対応しています。Tダイ押出事業においては現場への入場が可能ですので技術者にとっての最高な環境です。
マイクロ(超細幅)
スリット加工
 
 
 
 
 
1mm幅以下に綺麗に切って巻くことをマイクロスリット加工と呼ばれています。切ることも巻くことも技術が要りますが、創業当初からのゆるぎない実績で文句ない品質に仕上げます。実績最少幅は0.3mm。アイデア次第で沢山もの製造技術が革新出来ます。

 
 

 
高温 高圧ラミネート加工 
 
 
 
 
 複数のフィルムや金属箔を同時に熱で貼り合わせる事を熱ラミネートと言います。最高温度500℃ 圧力700N・cm 3層同時貼り。これだけでご想像できると思いますがどんな強固なフィルムや金属箔でも熱圧着出来ます。カレンダ処理のご相談もお気軽に。脳みそ全開で非常識な新開発をおまちしています。
広幅最大2500mm
オシレーションスリット加工
 
 
 
  
 最大2,500mm幅の巻物は本当に大きいです。MSR第2工場では当たり前に扱っています。ゲージバンド対策にオシレーションを行い、熱ラミネートまで同時対応です。高機能のガラスのような割れやすい切りにくい扱いにくいフィルム材を自信を持って高品質にスリット仕上げ致します。高品質なクリーン管理に自信を持ってます。
  
高温エンボス加工 
 
  
 
 
 
MSRの表面処理技術の中で一番歴史の長い技術がエンボスです。エンボスとはフィルムの表面に金型で凸凹させることです。材料厚みは4μから最大1000μ(1mm)まで 超高温は350℃で材料をエンボスしていきます。MSRの自社金型は自由にお使い頂いてもらっています。 
アニール(焼成加工)
エージング

 
 
 
 
 アニール処理(焼成加工)とは材料を加熱することにより、素材内部にある応力を熱により取り除く熱処理加工です。 アニール加工で巻き始めなどのカールやゲージバンドを解消することも可能で金属箔の表面を加熱することで油分を飛ばしたり改質したりすることも可能です。 
 
ナーリング加工
 
 
  
 
 
ナーリングとは材料の両端にエンボス加工を行うことです。巻物材料において材料どうし密着するの嫌がる傾向があります。両端部分を高くエンボス処理してデリケートな機能部分を接触させないようにします。ゲージバンド対策や シワが入りやすい材料にも良い効果があります。コーティング後の保護にも最適です。 
 

 
 
 
 
 
ラミネートが得意なMSRが2004年より板モノの加工も始めました。厚み2mmのプラスチック板にプラズマ処理してラミネートするなど非常識な方法で出来ない加工を可能にします。

広幅打ち抜き加工
シートカット加工
 
 
 
 
最大1300mm幅までの高品質な打ち抜きが可能です。送り出しや打ち抜き加減などは高性能なサーボモータを使用してますのでここからゆっくり刃を入れて、その後に加速されるなど 難しい材料を技術の力で打破します。 
多彩なラミネート技術
 
 
 
 
 
フィルム材料をくっつけたり(貼合) 剥がしたり(剥離加工)、くっつけながら剥がしたり いろいろなラミネーターがMSRには存在します。 お気軽にお問合わせください。 
 
アルミ箔の油分洗浄
 
 
 
 
 
主にアルミ箔や金属箔は圧延時の油が表面に残っています。これらの油分が塗工や貼り合わせに悪影響を与えます。油膜洗浄はMSRのドライ洗浄をお試しください。
 

 
 
  
 
ギャングスリット
シェアスリット
クリーンスリットなど詳しく

洗浄 
 
 
 
 
 
4種類 
大きくわけると4種類の洗浄方式が我々の業界ではあると思います。
MSRでは材料 材質 異物の大きさや種類で洗浄方法を区別判断します。 
 
粗面処理・
ヘアーライン加工

 
 
  
 
粗面処理とは材料の表面に計算された設計でデジタルに傷をつけて表面積を増やして接着力を上げます。また鏡面材料に施すとデザイン性に優れた材料に早変わりします。その他、ステンレスなどでよく用いられるヘアーライン仕上げも可能です。
一軸延伸加工
 
 
 
 
 
合成樹脂を加熱しながら伸ばして縦方向に整列させると分子が変形方向に整列して強度が増したり、配光を変化させれたりと機能を付与することで新しい価値が生まれます。最高500℃まで高温化した一軸延伸(ドロー率は
 
 
ピンホール検査の受託
 
 
 
 
主にフイルムやアルミ箔においてのピンホール検査を受託しています。
マイクロオーダーのレベルも我々の電圧処理による検査なら確実にキャッチ
いたします。
少量からお気軽にお問い合わせください。
 
レーザー加工LinkIcon  
 
 
 
 
 
OCAなど柔らかい粘着層、ハードコート層など割れやすい構成は金属刃よりもレーザーが圧倒的です。
その他、ポリイミドや複合品、テスト品など刃型を作るまででもない、テストなどはレーザーが好ましいです。
少量からお気軽にお問い合わせください。
 
超高精度
 
 
 
 
 
A concept of the past development changes by making it visible to a microlevel. 
 
 
 
マシンつくります
 
 
 
 
 
We make machines that incorporate on-site sensations
 
環境と品質への取組み
 
 
 
 
The Japanese quality to perform quality control with the concept.
イエローランプクリーンルーム
 
 
冷蔵・冷凍倉庫で管理
 
 
 
 
冷蔵・冷凍が必要な原反や製品を管理致します。 
空が大好き
 
  
 
 
 
Many things to learn from a sky  

 

便利な計算式
 
機能素材開発のお手伝いカンパニー

華東工場
華南工場
本社工場
 

 

Why MSR !?

 

益々国際化する中で日本の極芯の強みである技術力が危ぶまれています。日本の将来は技術開発の方々の肩に掛かっていると言っても過言では無いかも知れません。日本の技術→世界一の技術という信念と希望をもってこれからも技術開発の方々の進化を最速解決できるように力を尽くす事。これを我々の存在価値と永遠の使命となるよう願いを込めて 「Maximum Speed Resolution」を社名にしています。
 

皆様からフィルム・金属箔の世界一の加工メーカーとこれからも言われ続けたいですし、言い伝えていきたいです。
 
 
 

 
 

航空機

最近の航空機はこれまでのジュラルミン(アルミ合金)などの金属から炭素繊維が使われだしました。軽くて錆びないカーボンを使用することでこれまでより低燃費で飛行が可能に、そして金属ではないので湿度を保つことができるので飛行機内は快適に過ごせることができます。

MSRでは炭素素材を異物は寄せないクリーンルームで精密に切ったりするスリット加工や貼ったりするラミネート貼り合せ加工、そして素材を焼くアニール処理など多く担わせて頂いています。
 
 

自動車

最近の自動車もこれまでの金属から炭素繊維へと変化しようとしています。カーボンは鋼鉄の10倍の強さがあるといわれていますが、まだまだ加工困難な材料でプロセス開発が必要とされています。
MSRでは飛行機と同様に炭素素材をクリーンルームで精密に切ったり貼ったりすることを多く担わせて頂いています。
そして、ガソリンから電気へとエネルギーの種類は地球規模で変化しています。バッテリーの主原料で
あるアルミ箔の表面の洗浄と機能膜を塗布する際の密着を上げるのがプラズマ処理です。

 
 

スマホ、タブレット、ディスプレイパネル

ディスプレイパネルは既に観るためのモノではなく、健康を診たり、買い物のツールとなり、最近では圧力を組み込ませてセンサーとして使われたりと益々高度な技術と加工方法が求められます。
パネルは主に多種複数のフィルムから形成されており、MSRではクリーンルームで表面を改質するプラズマ処理や精密に切る貼る改質するを多く担わせて頂いています。
クリーンルームスリット 多層貼り合せ加工 プラズマ処理

 
 

住宅建材

壁紙、ガラスなどあらゆる平面素材はiPhoneのタッチパネルの登場からめまぐるしいスピードで進化を遂げています。最近では2次元から3次元を可能にする技術と加工方法が求められたり、ワイド対応から壁紙など建築素材としての進化もすぐそこまで来ています。
パネルは主に多種複数のフィルムから形成されており、MSRではクリーンルームで表面を改質するプラズマ処理や精密に切ったり貼ったりすることを多く担わせて頂いています。
窓ガラスがディスプレイに、壁紙がボタンひとつでカラーが選べる時代はもうすぐですね
広幅スリット加工 プラズマ処理
 

 
 

宇宙

マイナス200℃から400℃近く温度が激変する宇宙ではそれに耐えるポリイミドフィルムが主として認定されいます。そのスーパー素材を用途別に加工を施工します。
表面に機能膜を設けるためのスーパープラズマや積層空間を設ける高温エンボス、そして超精密な貼り合せ加工などがあります。他にも素材を極限まで高温で処理して熱変動に備えるアニール処理など様々な場面で協力させて頂いています。
高温エンボス加工 高温ラミネート プラズマ処理 アニール処理
 

 
 

テレビ

テレビは高画質、ワイド対応が主流となり信じられない程、安価で購入できるようになりました。その背景には技術者達の凄まじい技術革新と投資、そして幾度の工法革命によって生まれました。材料が広幅になることは二乗の管理体制が必要になり、MSRでは高品質な貼り合せ、スリット加工、検査工程をクリーンルームで多く担わせて頂いています。
マイクロスリット加工 超クリーン広幅スリット

 
 
 
 
素材開発の道具箱
  
開発のヒントがここにある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新しいきっかけはMSRから

 
MSRがきっかけで人と人とが出会い。ひらめき。気持ち良く。そんなのを目指して頑張ります。
 
 
MSR宣言書MSR宣言書
 
 
 
 
 
経営理念
ATOM
経営と企業は人なり!よく聞く素晴らしい言葉です。
人こそが経営。そう、「経営とは人作りだ」という信念で
頭文字を合わせたATOMを経営理念としています。
 
 
motive.png accept.png thinkplus-new.png onelittlestep.png