この業界、用語集

 
There are various terms for each industry
 

 

この業界、用語集

 
There are various terms for each industry
 
原反

フィルムなどを巻いた状態で今から加工する反物ことを言います。

偏肉1

フィルムの厚みがばらついた状態

偏肉2

原反をパット観た状態で一部分がモッコリしている状態

フレアー

原反を展開した際にナミナミしている状態



ナーリング

フィルムの両端をエンボスして高くして、中央部分を保護します

マイクロスリット加工

一般に5mm幅より細いスリット加工を呼びます

シートカット

巻物の原反から繰り出して単板

アニーリング

残留応力を取り除くための熱処理

焼き入れ

高温にしたものを急冷して硬度を高めるための熱処理

オレフィン系樹脂

代表がポリエチレン、ポリプロピレン。

可塑

思うように形を作れること

可塑剤

樹脂の可塑性を良くし、製品に柔軟性を与えるため添加物質

滑剤

成形品を金型から抜き取ることを容易にするために添加をする薬剤をいう。

ロット

等しい条件下で生産され、又は生産されたと思われる品物の集まりのことをいう。生産時のロットを生産ロット、検査の対象となるロットを検査ロットなどという。

サブミクロン

一般的にサブミクロンというと、10000分の1mm、1ミクロンより下の0.1ミクロンからを示す。

ウージング

日本語では染み出し、はみ出し ですが我々の業界では主に粘着テープなどの端面から糊がはみ出してベタベタする状態の事を言います。